糖化が目にも!?

整顔モデルが綴る。魅力的な小顔になるために

糖化が目にも!?


糖化が、白内障の原因になっている可能性があります。
ターンオーバーという肌のサイクルがありますが、光を調節する役割を持つ目の水晶体は、このサイクルをつくることはできません。
この水晶体に、もしも糖化が怒ったら大変です。

水晶体の中にできた糖化は、蓄積されてたまっていきます。
水晶体は「クリスタン」という、たんぱく質でできているので、そこにエネルギーとなりきれなかった糖分が目をつけ、手を組もうと誘惑してくるのです。

そして、目のたんぱく質である「クリスタン」と結びついて、糖化(AGE化)してしまいます。
さらに「クリスタン」にはもう、1つ敵が存在することが発覚しました。

それは、紫外線です。
紫外線による酸化が加わり、水晶体が白く濁ります。
これが「白内障」ができるまでです。

このようにならないためには、糖化にならないための食事や、ストレスのない生活、そして紫外線対策を心がけましょう。
できるだけ、糖化につながつようなこんがりと焼けた食べ物はひかえてください。

甘いものも摂取しすぎたり、早食いをしたりしてはいけません。
規則正しい生活を心がけ、しっかり睡眠をとりましょう。
そして外に出るときはサングラスをかけることで、紫外線を防げます。

目も体も一生モノです。
毎日の生活習慣を少し見直し、大切にしましょう。

小顔矯正 塚口


←前へ ↑一覧へ 次へ→

整顔とは 糖化とは


尼崎 塚口 小顔矯正